コンテスト映像

「北海道の鉄道」動画コンテスト 連携企画 応募結果
当選者
レッドベア/タマネギ列車のアカアカ重連
佐々木 正史 様
石北線北見~旭川間を結ぶレッドベア貨物列車は通称「タマネギ列車」で、北見地方の特産タマネギを運ぶ季節列車です。コキ100系コンテナ貨車11両をレッドベア機関車が挟む、プッシュプル重連です。レッドベアのいわゆるゼロ番台(DF200-1~12)の排障器(いわゆるスカート:鹿などと衝突したときの保護)は赤色で通称「アカスカ」(赤スカート)と呼び、それ以降の製造番台はグレーのスカート(通称グレスカ)です。僕はアカスカがおしゃれで断然好きですが、じゃあ全部赤だったらベストかというとそうでもなく、毎朝どの色のスカートかで運勢を占うおみくじのような楽しみもあります。プッシュプル重連の先頭も最後尾もどちらも赤のアカアカは一番レア(まれ)なのでさしずめ「大吉」、どちらかが赤(アカグレ)だと「中吉」、どちらもグレーのグレグレは月並みなので「小吉」で、もちろん凶なんかありません。その「超レア」でもないが、かなりレアなアカアカ編成のタマネギ列車をご覧ください。この日はひな祭りで、晴れやかな桃の節句にすごくマッチした編成のように感じました。嬉しくなって家に戻り、「アカアカだった。」と言うと、妻は新型コロナウイルスのニュースを観ながら、「あら、行ってたの?気が付かなかった。」と冷やレス、愛猫も真似をしてすこぶる冷淡でしたが、僕はアカアカのおかげでこの一日中、ほんの少しハッピーだったのでした。
当選者
北海道の鉄道 春夏秋冬
北海道の鉄道の魅力をまとめました。ぜひ動画で「鉄道の旅」を楽しんでください。
当選者
北海道の鉄道 2019
昨年石北線を中心に撮影したものです。
参加賞
SL冬の湿原号MEMORIES
佐藤 匡 様
参加賞
北海道の鉄道と魅力
隆太 様
参加賞

北海道の鉄道動画コンテスト2019 わが町の鉄道

投稿作品紹介

石北本線応援団では、石北本線の魅力ある写真・映像作品を募集しています。
皆様からの作品はホームページ上で紹介させていただきます。

Title

『ラベンダー編成の特急列車』

遠軽町在住 

Description

1月20日「大寒の朝」氷点下25.7度の石北本線生田原駅を出発した特急オホーツクは常紋峠向けに快適に走って行きました。

Title

『雪煙をあげて北見市内を走る貨物列車』

北見市在住 隅田政利さん 

Description

東相内駅で列車すれ違いのためひと休みした、最終目的地北見駅を目指して雪煙をあげて走る貨物列車

Title

『新年の石北本線』

遠軽町在住 上野壽男さん 

Description

新年1月1日氷点下24.2度の朝、路線の木々が霧氷に包まれた厳寒の石北本線を雪煙を上げ走り抜けて行く特急大雪の姿見ていると石北本線がいつまでも存続して行く事を見守りたいと思います。

Title

『暮雪の後』

紋別市在住 

Description

夕暮れに降った雪が止んだ後、40が力強く走って来ました。

Title

『この時期に芝桜が』

遠軽町在住 土屋修さん 

Description

丸瀬布駅構内にこの時期に芝桜が咲いていました

Title

『霧氷に囲まれた貨物列車』

遠軽町在住 篠森裕美さん 

Description

今季最低のマイナス11℃の凍てつく朝。霧氷の中、常紋峠をゆっくりと汽笛を鳴らして上っていく玉葱列車。

Title

『北見駅から全国の食卓へ出発進行』

埼玉県所沢市在住 福園公嗣さん 

Description

北見市は、玉ねぎの生産日本一でこの秋より収穫した玉ねぎを全国へと出荷しています。最近は、トラックでの輸送が主になってきましたが、玉ねぎを安定的に運ぶためには貨物列車はなくてはならない存在で、「玉ねぎ列車」と言われています。「玉ねぎ列車」は、11両編成のコンテナで200トンの玉ねぎを全国に運びます。

北見駅を出発するのは午後7時、およそ5時間かけて終点の北旭川駅に到着します。北見から運ばれてきた玉ねぎは、この駅からさらに札幌や本州、九州に運ばれていきます。

石北本線の秋冬の風物詩ともいえる「玉ねぎ列車」は、今日も北見駅より出発して行きます。

Title

『初雪の常紋峠』

遠軽町在住 

Description

11月17日ついに初雪になった石北本線常紋峠!真っ白になった路線を2両編成の普通列車がゆっくりと上ってきました。

Title

『初雪の常紋峠』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

11月17日の朝の常紋峠は5センチ位の積雪が有り、真っ白になった路線をゆっくりと上って来るタマネギ列車です。

Title

『樹霜の常紋峠』

埼玉県所沢市在住 福園公嗣さん

Description

11月ともなると北海道はしばれると言う言葉がよく似合います。この日の石北本線 常紋峠は、気温低く夜間から早朝にかけて霜が降り樹木に樹霜(じゅそう)が出来ました。この樹霜で樹木が美しく輝く風景は、晩秋から初冬の早朝だけに見られる神秘的な石北本線の風物詩です。

Title

『ローカル風景の中を走る』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

11月中旬に入り、オホーツクの地も紅葉が終わった今、牧草は青々と伸びている中、放牧牛はもくもくと食べている後ろを常紋峠に向け快適に走る特急オホーツクの姿がありました。

Title

『晩秋の美幌峠』

埼玉県所沢市在住 福園公嗣さん

Description

晩秋の美幌峠は、とても美しいカラマツが紅葉の見ごろを迎えておりました。この日、生憎の小雨まじりの天気でしたが、カラマツ背景に白樺も映える中、列車はゆっくり峠を越え美幌駅に向かって行きました。

Title

『秋の網走』

網走市在住 平田悠人さん

Title

『観光周遊列車が来た!』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

石北本線沿線と周りの山々が紅葉真っ最中のなか快適に走り抜けて行ったハマナスひとめぐりごうです。

Title

『紅葉と特急オホーツク』

Description

石北本線沿線沿いの紅葉真っ最中の中を飛び出して来た特急オホーツクの姿です。

Title

『初秋の常紋峠を登るキハ』

広島県呉市在住 曽我浩之さん

Title

『紅葉の北見峠を下るたまねぎ列車』

広島県呉市在住 曽我浩之さん

Description

2008年10月 上越(信)-奥白滝(信) 8073レ

夏のフォトコンテストの結果を発表しております。

たくさんのご応募誠にありがとうございました。

過去のフォトコンテスト結果

©JR石北本線応援団 Sekihokou Honsen Supporters