コンテスト映像

「北海道の鉄道」動画コンテスト 連携企画 応募結果
当選者
レッドベア/タマネギ列車のアカアカ重連
佐々木 正史 様
石北線北見~旭川間を結ぶレッドベア貨物列車は通称「タマネギ列車」で、北見地方の特産タマネギを運ぶ季節列車です。コキ100系コンテナ貨車11両をレッドベア機関車が挟む、プッシュプル重連です。レッドベアのいわゆるゼロ番台(DF200-1~12)の排障器(いわゆるスカート:鹿などと衝突したときの保護)は赤色で通称「アカスカ」(赤スカート)と呼び、それ以降の製造番台はグレーのスカート(通称グレスカ)です。僕はアカスカがおしゃれで断然好きですが、じゃあ全部赤だったらベストかというとそうでもなく、毎朝どの色のスカートかで運勢を占うおみくじのような楽しみもあります。プッシュプル重連の先頭も最後尾もどちらも赤のアカアカは一番レア(まれ)なのでさしずめ「大吉」、どちらかが赤(アカグレ)だと「中吉」、どちらもグレーのグレグレは月並みなので「小吉」で、もちろん凶なんかありません。その「超レア」でもないが、かなりレアなアカアカ編成のタマネギ列車をご覧ください。この日はひな祭りで、晴れやかな桃の節句にすごくマッチした編成のように感じました。嬉しくなって家に戻り、「アカアカだった。」と言うと、妻は新型コロナウイルスのニュースを観ながら、「あら、行ってたの?気が付かなかった。」と冷やレス、愛猫も真似をしてすこぶる冷淡でしたが、僕はアカアカのおかげでこの一日中、ほんの少しハッピーだったのでした。
当選者
北海道の鉄道 春夏秋冬
北海道の鉄道の魅力をまとめました。ぜひ動画で「鉄道の旅」を楽しんでください。
当選者
北海道の鉄道 2019
昨年石北線を中心に撮影したものです。
参加賞
SL冬の湿原号MEMORIES
佐藤 匡 様
参加賞
北海道の鉄道と魅力
隆太 様
参加賞

北海道の鉄道動画コンテスト2019 わが町の鉄道

投稿作品紹介

石北本線応援団では、石北本線の魅力ある写真・映像作品を募集しています。
皆様からの作品はホームページ上で紹介させていただきます。

~夏のフォトコンテストは募集を終了しました。現在評価を行っております。たくさんのご応募ありがとうございました。~

Title

『タマネギ列車』

遠軽町在住 土屋 修さん

Description

タマネギ列車 朝日を浴びて遠軽方面へ走って行きました。

Title

『早朝のタマネギ列車』

遠軽町在住 土屋 修さん

Description

タマネギ列車白滝駅通過

Title

『空の下で交わる列車』

Description

遠軽駅の跨線橋から撮影。この時間は上川発の普通列車と網走発の普通列車が遠軽駅にやってきます。二つの列車は束の間の休憩の末、網走、旭川とそれぞれの目的地へと再び旅路を再開するのです。夏の暑い日差しも北海道の魅力なんだなと気付かされました。

Title

『心の岸辺』

中川町在住 登坂 直紀さん

Description

呼人浦を足早に通過する特急。陸と湖が複雑に入り組む地形を縫う区間は石北本線の見所の一つ。

Title

『実りの丘へ』

中川町在住 登坂 直紀さん

Description

林を超えて農作地域の丘へ向かうロイヤルエクスプレス。この一帯は北海道周遊で必要不可欠な情景の一つ。

Title

『タマネギ貨物が行く!』

遠軽町在住 上野 壽男さん

Description

青空の朝、石北本線生田原駅を通過して常紋峠に向かって力強く走って行きました。

Title

『朝の普通列車』

遠軽町在住 上野 壽男さん

Description

路線サイドのアキノキリンソウが満開に咲き誇る中を3両編成の普通列車が通り過ぎて行きました。

Title

『杪夏』

Description

日が短くなり、だんだんと秋に向かっていく姿が感じられました。

Title

『秋空』

風間諒平さん

Description

気温はまだ夏日でも虫や空は秋の様子

Title

『トラクターと』

風間諒平さん

Description

当たり前の日常もいつの日か過去のものになるその前に・・・

Title

『山間を走る特急大雪2号』

遠軽町在住 篠森祐美さん

Description

山間の動物よけの電気柵に囲まれた収穫を待つとうきび畑の横を大雪2号が通過して行きました。

Title

『緑の中の特急オホーツク1号』

遠軽町在住 篠森祐美さん

Description

8月29日の遠軽町白滝発祥の地のJR石北本線は緑に囲まれ湧別川の涼しい水の音を聞きながら今日オホーツク1号は大雪の峠を越えて走って来ました。

Title

『遠くから快適な音をたてて』

遠軽町在住 篠森祐美さん

Description

いいお天気の朝、ダムから流れる水の音を聞いていましたら・・・ゴーっと快適な音を立てながら玉ねぎ列車は湧別川ダムの上を玉ねぎの待つ北見駅へと走っていきました。

Title

『早起きの特急オホーツク1号』

遠軽町在住 篠森祐美さん

Description

青空の下、強い太陽の日差しを浴びて石北本線遠軽町内を今日も元気に一路 終点網走駅へと元気に通過して行きました。

『オホーツクの実り』

美幌町在住 風間諒平さん

Description

北見の特産である玉ねぎ。8月下旬、収穫は本格的に始まり、玉ねぎはもちろん、オホーツク地方で収穫された豊かな実り貨物列車で石北線を使い運ばれ全国へと旅立つ。まだどこへ旅立つかもわからない収穫された玉ねぎたちを横目に、旅客列車は網走へとひた走る。

Title

『黄金色の絨毯』

美幌町在住 風間諒平さん

Description

秋が近づき風に揺れる稲穂も、朝日を浴びて黄金色に染まる。そんな美しい絨毯のような沿線を今日も石北線はのんびりと走る。

Title

『瀬戸瀬駅にて』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

機関車・電源車・ザ・ロイヤルエクスプレスの札幌発の車列が手前のJR遠軽駅にてスイッチバックを終えてオレンジの機関車に引かれたザ・ロイヤルエクスプレスは後ろに電源車を連結して瀬戸瀬駅を通過して行きました。

Title

『青空の湧別川』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

暑い日が続いた8月も後半になり湧別川ダムの涼しい音を聞きながら特急大雪は旭川へと向かっていきました。

Title

『なが~い玉ねぎ列車』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

朝早く旭川を出発した列車も遠軽町へと入って来る頃には朝日が照らし始めたビート畑を眺めながら55個のコンテナーを積んで玉葱の待つ北見市へとゆっくりと走って行きました。

Title

『スイッチバックを終えて』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

遠軽駅にてスイッチバックの為一休み。北見市へと煙を出して重たそうに走り始めました。

Title

『朝の一番列車』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

朝日を浴びて遠軽駅からの一番列車が網走市へと向かって走って行きました。

Title

『黄色い車両に引かれて』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

今年もザ・ロイヤルエクスプレスがオホーツク管内に釧網本線を回って石北本線にスイッチバックの遠軽駅へと入ってきました。

Title

『小麦殻ロールと特急オホーツク』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

暑い夏の日差しを浴びて育った小麦の収穫が終わり、小麦殻が大きなロールに変身して畑のあちらこちらに転がっているのを特急オホーツクはサイドを通過して行きました。

Title

『普通列車と湧別川ダム』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

7月になり木も緑濃くなった湧別川を旭川から遠軽へと石北本線を下って行くキハ40普通列車

Title

『特急大雪と小麦畑』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

7月の青空の下を収穫前の小麦畑を横に見ながら特急大雪は石北本線の遠軽町内を走って行きました。

Title

『白い車体に赤いライン』

遠軽町在住

Description

石北本線の花に囲まれた丸瀬布駅構内を(East i-D)走って行きました。

Title

『今年も「タマネギ列車」が8月16日より運行を開始しました。』

福園 公嗣さん

Description

JR貨物は、今年も石北本線でタマネギ列車(臨時貨物列車)を北見発8月16日より運行開始しました。タマネギ生産量日本一の北見地方でタマネギの出荷が本格化し、昨年よりも2日早い7月29日から出荷作業を始めた事に合わせ、タマネギ列車の運行が開始されましたので、今年も石北本線で秋冬の風物詩となりとても楽しみです。尚、タマネギ列車は貨車11両とDF2002両のプッシュプル編成で、来年4月中旬頃迄の運行される予定です。

Title

『夏山を駆け抜ける』

北見市在住

Description

8月に女満別で撮影しました。橋を渡るときにちょうど特急列車が駆け抜けて行きました。

Title

『未来へ向かって』

北見市在住

Description

8月、女満別駅にて撮影しました。ちょうど飛行機がやってきて、旅先へ向かう二つの乗り物が画面に収まりました。早く、コロナが落ち着いて自由に旅ができますように。

Title

『深緑を駆け抜ける』

北見市在住

Description

8月、女満別へ向かう普通列車にて。ブルーの座席と緑がきれいでした。

Title

『タマネギ列車』

遠軽町在住  土屋 修さん

Description

収穫前のタマネギ畑を通過

Title

『タマネギ列車』

遠軽町在住  土屋 修さん

Description

タマネギ列車がビート畑の横を通過

Title

『道北 流氷の恵み』

遠軽町在住  土屋 修さん

Description

石北本線に道北流氷の恵みが丸瀬布駅を通過

Title

『瀬戸瀬駅』

遠軽町在住  土屋 修さん

Description

JR石北本線無人駅の瀬戸瀬駅

Title

『緋牛内駅』

遠軽町在住  土屋 修さん

Description

JR石北本線無人駅のひうしない駅

Title

『タマネギ列車が始動』

遠軽町在住  上野 壽男さん

Description

8月16日の朝、石北本線を走る唯一の貨物列車(通称)タマネギ列車がゴ~ゴ~と鈍い音を響かせながらゆっくりと常紋峠へと進んで行きました。

Title

『ローカル線を走る普通列車』

遠軽町在住

Description

牛舎の外にある放牧場で草を食べている牛の奥を走る列車の風景がのどかに見える石北本線の一場面です。

Title

『ルピナスの花が咲く頃』

北見市在住 池端 清美さん

Description

丸瀬布駅近くで撮影しました。線路脇にルピナスの花が咲いていました。

Title

『常呂川を渡るキハ40』

北見市在住 池端 清美さん

Description

緋牛内~端野間で撮影しました。常呂川にかかる中央橋から撮りました。

Title

『田園地帯を走るキハ40』

北見市在住 池端 清美さん

Description

緋牛内~端野間で撮影しました。田園地帯を走るキハ40は景色に溶け込んでいます。

Title

『玉ねぎ畑とキハ40』

北見市在住 池端 清美さん

Description

緋牛内~端野間で撮影しました。一面に広がる玉ねぎ畑は北見市らしい風景です。

Title

『玉ねぎ畑とオホーツク』

北見市在住 池端 清美さん

Description

緋牛内~端野間で撮影しました。一面に広がる玉ねぎ畑は北見市らしい風景です。

Title

『駅ホームから見える景色』

北見市在住 池端 清美さん

Description

美幌駅で撮影しました。誰も居ない駅ホームに大雪が入って来るところを撮りました。

Title

『マリーゴールドとキハ40』

北見市在住 池端 清美さん

Description

女満別駅で撮影しました。駅ホームにはマリーゴールドが綺麗に咲いていました。

Title

『緑を走るオホーツク』

北見市在住 池端 清美さん

Description

緋牛内~端野間で撮影しました。夏真っ盛りの緑の中を走り抜けていくオホーツクです。

Title

『夕暮れの田園』

北見市在住 池端 清美さん

Description

緋牛内~端野間で撮影しました。夕陽色に染まった田園地帯を走るキハ40です。

Title

『麦稈ロールとオホーツク』

北見市在住 池端 清美さん

Description

相内~留辺蘂間で撮影しました。線路脇にタイミングよく麦稈ロールがありました。

Title

『麦稈ロールと紫水号』

北見市在住 池端 清美さん

Description

相内~留辺蘂間で撮影しました。線路脇にタイミングよく麦稈ロールがありました。

Title

『ジャガイモ畑を走る』

北見市在住 池端 清美さん

Description

緋牛内駅近くで撮影しました。ジャガイモの白い花と白のキハ40を狙って撮りました。

Title

『玉ねぎ畑のある風景』

網走市在住

Description

収穫された玉ねぎが畑に置かれています。乗客もそれを見てピリリと辛い玉ねぎの味を思い出していることでしょう。

Title

『湖だ!』

網走市在住

Description

オホーツクでは珍しく30度超えの日々。網走湖の横を走る石北本線。乗客も湖を見て涼んでいることでしょう。

Title

『緑と麦色のハーモニー』

網走市在住

Description

間もなく刈り入れの始まる秋播き小麦。金色の麦と玉ねぎの緑が美しいハーモニーを奏でています。石北本線に乗る旅人もそれを見て心を癒されることでしょう。

Title

『シルエット』

美幌町在住 風間 諒平さん

Description

夕闇迫る赤い空、列車が橋梁を渡るシルエット姿が印象的でした。

Title

『北海道の夏を感じて』

美幌町在住 風間 諒平さん

Description

いつもは横浜~伊豆急下田間を運行するTHE ROYAL EXPRESSが夏の北海道へはるばるやってきました。東日本とは違う北海道の夏を感じ、常呂川を越え、玉ねぎ畑を抜け石北本線ののどかな風景を行く。

Title

『非日常』

美幌町在住 風間 諒平さん

Description

上白滝神社の鳥居の向こうを通過するTHE ROYAL EXPRESS、いつもは電化区間を走る「電車」が非電化区間を走る非日常がそこにはありました。

Title

『夏の雨の日、帰り道』

美幌町在住 風間 諒平さん

Description

学生の足となる石北線。ある雨の日の、列車が入線すると同時に、色とりどりの傘をさした学生達が帰宅するためにホームへやってきました。学生のみなさんはどんな1日だったのでしょうか?

Title

『紫水号来る!』

網走市在住

Description

春播き小麦が夕陽に照らされて黄金の絨毯に見えます。その横を普通列車が走ります。この時は運よく紫水号を連結していました。

Title

『秋小麦の黄金の絨毯!』

網走市在住

Description

まさに収穫直前の秋播き小麦。それが黄金の絨毯のようになっています。黄金の絨毯を眺めながら、キハ40がとことこ走ります。

Title

『天下一品、北見玉ねぎの収穫始まる』

網走市在住

Description

玉ねぎの収穫を眺めながら、キハ40がとことこ走ります。

Title

『タマネギ畑』

土屋 修さん

Description

JR石北線沿いのタマネギ畑の横を普通列車が北見方面へ走って行きました。

Title

『玉ねぎの収穫』

土屋 修さん

Description

玉ねぎの収穫が始まりました。普通列車留辺蘂方面へ走って行きました。

Title

『もうじき玉葱の収穫』

遠軽町在住 土屋 修さん

Description

JR石北線沿い玉葱畑の収穫を今かと待っています。

Title

『朝の普通列車』

Description

JR石北本線、朝の普通列車1両白滝方面へ走っていきました。

Title

『一番列車』

遠軽町在住  上野 壽男さん

Description

石北本線沿線沿いにある小麦畑!!収穫を終えた小麦殻のロールベールが点々と置いてある。オホーツク7月の風景の中を三両編成の普通列車は常紋峠へと向かって行きました。

Title

『石北本線沿いの水田畑』

Description

JR石北本線沿にある北見の水田畑を特急大雪2号が走って行きました。

Title

『じゃがいも畑』

Description

青空の下、じゃがいも畑のサイドを普通列車が網走方面へ走って行きました。

Title

『収穫前の小麦畑』

遠軽町在住  土屋 修さん

Description

晴天の日の小麦畑を横目に普通列車が走っていきました。

Title

『夕暮れの石北本線』

遠軽町在住

Description

日もすっかり落ちて周りが暗くなり遠くの山々の両線がクッキリと見え始めた頃に特急大雪の窓明かりが沿線沿いの小麦畑を照らしているように見えました。

Title

『石北本線を走る紫水』

遠軽町在住

上野 壽男さん

Description

夏!!最盛期のオホーツク!石北本線沿いにある小麦が金色に色づき始めた中を普通列車紫水は終点遠軽駅へ向け走り去って行きました。

Title

『石北本線沿いの小麦畑』

遠軽町在住

Description

毎日暑い日が続くオホーツク路線沿いの小麦が色づき始めた畑を見ながら特急大雪は常紋峠へと力強く走って行きました!

Title

『花咲くじゃがいも畑』

Title

『流氷の恵みが走る石北本線』

遠軽町在住

Description

駅ホームに静かに入って来た普通列車(道北流氷の恵み)です。

Title

『駅構内にプランターが』

遠軽町在住 土屋 修さん

Description

構内にプランターが設置してありました。また駅待合室も無人駅ですが綺麗に清掃等されて きっと、地元の人たちが管理しているんだろうなと思いました。こういう駅はいつまでもあってほしいですね。

Title

『お迎え』

Title

『遠軽駅のひととき』

Title

『初夏の石北本線』

遠軽町在住 上野 壽男さん

Description

線路の周りの木々が力強く伸び始め緑が濃くなったトンネルの中から普通列車が飛び出てきたように見えました。

Title

『花咲く丸瀬布駅』

遠軽町在住 篠森 裕美さん

Description

真っ青な空の下。花に囲まれた丸瀬布駅構内をキハ40 1735を先頭に3両編成の普通列車は今日も元気に旭川へと走っていきました。

Title

『フランスギクが沢山咲いています』

遠軽町在住 土屋 修さん

Description

駅構内にフランスギクが沢山咲いていました

Title

『半袖の車掌氏』

北見市在住 青木 悠太さん

Description

夏になり半袖を身に纏った車掌さんが、駅を出発して前方を確認しているところです。

Title

『のぼり藤が満開』

遠軽町在住 土屋修さん

Description

下白滝信号場にてオホーツク2号が通過していきました。大雪の山々は雪解けが進んでいます。

Title

『キハ40と新緑の初夏』

Description

北海道の主力車両として活躍していたキハ40も徐々に数を減らしてきているので記録として撮影しています。いろんな、ラッピング車がありますが、やはりこの「北海道色」がしっくりきますね!

Title

『走りゆくクルーズトレイン』

佐呂間町在住

Description

昨年のザ・ロイヤルエクスプレスを丸瀬布駅付近にて。黄色い重連機関車に牽かれ、最後尾に白い電源車を従えた農青のロイヤルエクスプレス。ポイント通過後、じわじわと速度を上げて走っていきました。余談ですが、この列車が走るからなのか、新緑生い茂る時期ですが線路脇の草木が整理されて、白滝発祥の地付近では車窓から川がよく見えるようになっていたのが印象深かったです。

Title

『小道の先の小さな踏切』

美幌町在住 風間諒平さん

Title

『夏を越えて』

美幌町在住

Description

年に1度の検測を行うJR東日本の車両「East i-D」。北海道では見慣れない白いボディーに赤のラインが夏空に映える。

春のフォトコンテストの結果を発表しております。

たくさんのご応募誠にありがとうございました。

©JR石北本線応援団 Sekihokou Honsen Supporters