コンテスト映像

「北海道の鉄道」動画コンテスト 連携企画 応募結果
当選者
レッドベア/タマネギ列車のアカアカ重連
佐々木 正史 様
石北線北見~旭川間を結ぶレッドベア貨物列車は通称「タマネギ列車」で、北見地方の特産タマネギを運ぶ季節列車です。コキ100系コンテナ貨車11両をレッドベア機関車が挟む、プッシュプル重連です。レッドベアのいわゆるゼロ番台(DF200-1~12)の排障器(いわゆるスカート:鹿などと衝突したときの保護)は赤色で通称「アカスカ」(赤スカート)と呼び、それ以降の製造番台はグレーのスカート(通称グレスカ)です。僕はアカスカがおしゃれで断然好きですが、じゃあ全部赤だったらベストかというとそうでもなく、毎朝どの色のスカートかで運勢を占うおみくじのような楽しみもあります。プッシュプル重連の先頭も最後尾もどちらも赤のアカアカは一番レア(まれ)なのでさしずめ「大吉」、どちらかが赤(アカグレ)だと「中吉」、どちらもグレーのグレグレは月並みなので「小吉」で、もちろん凶なんかありません。その「超レア」でもないが、かなりレアなアカアカ編成のタマネギ列車をご覧ください。この日はひな祭りで、晴れやかな桃の節句にすごくマッチした編成のように感じました。嬉しくなって家に戻り、「アカアカだった。」と言うと、妻は新型コロナウイルスのニュースを観ながら、「あら、行ってたの?気が付かなかった。」と冷やレス、愛猫も真似をしてすこぶる冷淡でしたが、僕はアカアカのおかげでこの一日中、ほんの少しハッピーだったのでした。
当選者
北海道の鉄道 春夏秋冬
北海道の鉄道の魅力をまとめました。ぜひ動画で「鉄道の旅」を楽しんでください。
当選者
北海道の鉄道 2019
昨年石北線を中心に撮影したものです。
参加賞
SL冬の湿原号MEMORIES
佐藤 匡 様
参加賞
北海道の鉄道と魅力
隆太 様
参加賞

北海道の鉄道動画コンテスト2019 わが町の鉄道

投稿作品紹介

石北本線応援団では、石北本線の魅力ある写真・映像作品を募集しています。
皆様からの作品はホームページ上で紹介させていただきます。

フォトギャラリーコンテスト開催中!!

あなたの自慢の作品をぜひ投稿してください。

賞品にはオホーツクの豪華詰め合わせをご用意!

             詳しくはこちら ➡

Title

『冬の朝』

美幌町在住 風間諒平さん

Description

氷点下20℃、列車から白い湯気が立ち込める。上り列車へ乗り込む学生たち、白い吐息を吐きながら踏切を渡る朝の風景。

Title

『国鉄時代の面影を残す駅』

美幌町在住 風間諒平さん

Description

国鉄からJR北海道へ移行し、駅設備等は更新されてる中、美幌駅は国鉄時代の面影を残す駅の一つです。屋根を支える柱、行先方面表、相生線が廃線となり1番線が存在せず、ホーム上に残った「2」と「3」のホーム番線。美幌町に住む次世代の子どもたちが「どうして1番線。2番線ではないのか」と不思議に思う時代が来ているようにも感じます。石北本線の歴史をもっとたくさんの人々に知ってほしいと強く願います。

Title

『見送り見送られ』

美幌町在住 風間諒平さん

Description

遠軽駅で駅員と運転手との一コマ。乗車した人とホームから見送るお客さんが手を振りあう光景も素敵な一コマですが、駅員と運転手が「お疲れ様!」と一声かけ合い互いに手を振りあう光景も都会では見られない北海道のローカル線らしい温かみのある風景だと思います。遠軽駅のホームもどこか古めかしく渋い感じも国鉄時代を知っている世代の方々にはグッとくるものがあるかもしれません。

Title

『常呂川を渡って』

美幌町在住 風間諒平さん

Description

置戸町の三国山から北見市を抜けオホーツク海へと注ぎ込む常呂川、石北本線が跨ぐ大きな川の一つ、山からの栄養を海に送り、オホーツク海に恵みをもたらす大切な資源、そんな川を跨ぐ端野橋梁のコンクリート橋はSL時代から活躍している。私が幼き時、祖父母の家へ列車を使いよく遊びに行くとき、車窓から眺めるこの端野橋梁を越え、北見市(当時端野町)の街に入っていくときはワクワクしたものです。あれから約20年、今はカメラを構え外から列車を撮るようになりましたが、冬の冷たい川の水、夕日に染まる空と、トコトコ走りゆく列車の窓から抜ける向こう側の空の色が20年前のあの日を思い出させてくれるようです。思い出踏みしめた石北線のレール、いつまでも幸あれ。

Title

『峠を越えたもの、これから越えるもの』

佐呂間町在住

Description

安足間駅での、オホーツク1号とオホーツク2号の行き違い。峠を越えてきたオホーツク2号が先着して待っているところに、これから峠を越えるオホーツク1号が雪煙を上げてやってきます。写真はおよそ一年前、今年(2020年)の念頭に撮ったものです。この日は無風で小雪がちらつくところに朝日が差し、とても幻想的だったのを覚えています。

Title

『雪と陽光とオホーツク』

佐呂間町在住

Description

安足間駅でオホーツク1号と行き違いの為停車しようとするオホーツク2号。無風の中舞い落ちる雪が朝日に照らされ幻想的な中、ゆっくりと安足間駅に入ってきました。

Title

『雪景色の朝』

Description

真っ白に雪化粧した遠軽の町並みを走るキハ40です。とても幻想的で美しい風景でした。

Title

『列車が去った後の静けさ』

かみかわさん

Description

列車が去った後の秘境駅というのは静けさにつつまれどこか寂しさがある反面、秘境駅ならではの素晴らしい雰囲気を演出しています。こういう駅だと汽車の明かりが見えた時にはやはり安心感があります。そんな秘境駅がわたしは好きです。

Title

『影に徹する人たち』

佐呂間町在住

Description

先日、中愛別駅を訪ねた時のものです。列車運行の合間に行われる線路の保守作業、鉄道ファンにとっては珍しくない風景かもしれませんが一般の利用客の目には殆ど触れない、裏方の皆さん。陰で正常運行をを支えてくれている、こういった人達こそ、最大限に称賛するべきだと思いました。

Title

『夕日を浴びて走る183系』

Description

雪煙をあげて夕日を浴びて最終目的地網走へ向かう特急大雪1号

Title

『雨の通学列車』

Title

『厳寒の石北本線』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

寒い朝、朝日を受けて霧氷の木々のなかを北見向け走りぬけた光景が幻想的でした。

Title

『初雪の中を力強く!』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

初雪の日まだ雪が降る中を力強く走りぬけたタマネギ列車です。

『遠軽駅を出発』上野壽男さん

Title

『スイッチバックの駅を出発』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

石北本線遠軽駅を旭川方向に走る特急大雪です。

Title

『美幌の街を越え』

美幌町在住 風間諒平さん

Description

雪が降った翌日の朝、木々も白く寒々しさも感じられる景色の中青い特急列車が駆け抜けていきました。

Title

『美幌から望む知床連山』

美幌町在住 風間諒平さん

Description

知床連山を望むことができる網走地方、晴れた日にはリリー山からの雄大な景色が広がり(左:海別岳 右:斜里岳)、眼下には美禽橋を渡る列車の姿を俯瞰で望む事ができます。

Title

『越える!』

紋別市在住

Description

2021年元旦

降り積もった雪と凍れに負けず、峠に挑もうとする普段と変わらない光景を見せてくれました。

Title

『雪煙を上げて元気な特急大雪2号』

遠軽町在住 篠森裕美さん

Description

新雪の降った遠軽町瀬戸瀬駅を特急オホーツク1号の待つ丸瀬布駅へと走って行った大雪2号、一気に石北峠を越えて旭川へと

『繋ぐ』能祖吉幸さん

Title

『繋ぐ』

紋別市在住

Description

2月初旬の遠軽駅にて、人と物を繋げようとする光景を見ました。

Title

『生活路線の使命』

川崎市在住 宮本浩訓さん

Description

網走駅は、新旧車両を冬吹雪が一瞬おさまった時に撮影。斜里方面への列車に北見方面の列車。網走の町で各々が今日の生活路線を守る感じがする。

Title

『守ろうよ石北本線の生活列車を』

川崎市在住 宮本浩訓さん

Description

青い看板、網走-留辺蘂の文字。生活路線に冬には欠かせない足。車内の語らいもなくなった今、静かに発車メロディーがなる。北見駅にて。

Title

『貨物列車』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

新雪の積もった石北本線生田原駅構内の雪を飛ばし走り去って行きました。

Title

『新雪の降る朝』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

生田原駅発遠軽行きの普通列車が乗客を乗せ静かにホームを離れて行きました。

Title

『朝日を浴びて遠軽駅へ』

遠軽町在住 篠森裕美さん

Description

久しぶりの青空の瞰望岩を左手にスイッチバックの遠軽駅に到着の玉葱列車

Title

『湧別川を渡る玉葱列車』

遠軽町在住 篠森裕美さん

Description

スイッチバックの遠軽駅を出て瞰望岩を後に湧別川を渡り北見駅へと頭を白くして走って行った玉葱列車

Title

『終着駅は始発駅』

佐呂間町在住

Description

釧網本線の観光列車、流氷物語号に乗ったときのものです。

観光資源豊富な釧網本線、石北本線からの接続がもっと良くなったり直通列車が増えたら良いのにな…

ふと、そんなことを思った1日でした。

Title

『あれ!SL』

遠軽町在住 篠森裕美さん

Description

寒い朝、石北本線白滝駅からの朝の仕事を終えて遠軽駅構内での入れ替え作業中に朝日を浴びて勢いよく煙をはいて走ってました。

Title

『特急列車の交差駅』

遠軽町在住 上野壽男さん

Title

『雪煙を上げて!』

遠軽町在住 上野壽男さん

Title

『新雪を走る大雪2号』

遠軽町在住 篠森裕美さん

Description

新雪の降った朝、石北本線を遠軽駅でスイッチバックを終えて、雪煙を上げて大雪2号は旭川へと走って行きました。

Title

『赤ラインが魅力』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

今は廃駅となった石北本線旧金華駅構内の快速列車です。

Title

『川霧の中から』

北見市在住 清水明さん

Description

立ちこめる川霧の中からジョイント音とともに札幌行きの特急オホーツクが飛び出してきました。氷点下26度の朝です。

Title

『キハ40と瞰望岩』

Description

青空の下、瞰望岩に見送られて元気に出発していきました♪

Title

『石北本線遠軽駅』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

遠軽駅はスイッチバックの駅として全国的に知られております。この駅を旭川向けに走る特急大雪です。スイッチバックのある石北本線が永久に残るよう願うばかりです!!

Title

『縁の下の力持ち』

Description

雪の多い石北本線では、ラッセル車による線路の上の雪かきが欠かせません。この日は夏の間富良野でトロッコ列車をけん引しているディーゼル機関車が裏方の仕事に従事していました。

Title

『雪に負けないタマネギ列車』

Description

吹雪の峠を越えて、今日もタマネギ列車は石北本線を往きます。

Title

『湧別川を渡る特急大雪1号』

遠軽町在住 篠森裕美さん

Description

石北本線遠軽駅にてスイッチバック、方向を変えて瞰望岩に見送られて流氷の町網走へと雪けむりを上げて湧別川を渡って行った特急大雪1号。

Title

『みんな大好き石北線』

北見市在住 清水明さん

Description

跨線橋から特急を見守るお父さん。手を振って見送っています。毎日の日課なのでしょうか。今日も無事、安全な道中でありますように。

Title

『守護神』

Description

「ひとしごと」終えた、石北本線の守護神が家路に…丸瀬布駅にて

Title

『湧別川ダムを渡る特急オホーツク2号』

遠軽町在住 篠森裕美さん

Description

寒い日が続き石北本線が走る湧別川ダムも結氷していました。その上を今日も元気にオホーツクから札幌へと走って行きました。

Title

『丑も見送る特急列車』

遠軽町在住

Description

氷点下20度の寒い朝牛舎より雪の放牧場に出て運動している牛見ながら常紋峠へ向かう特急オホーツクです。

Title

『挑む!』

北見市在住 清水明さん

Description

もうもうと雪煙を舞いあげて高架橋を通過。顔にこびりついた雪が冬の石北路に挑んでいるように思えました。柏陽駅にて。

Title

『静かなエンジン音で闇を過ぎ行く「大雪3号」』

Title

『夜の貨物列車』

遠軽町在住

Description

吹雪の夜雪煙を上げ石北本線生田原駅ホームを通過していきました

Title

『吹雪の駅ホーム』

遠軽町在住

Description

吹雪の中の駅ホームで特急大雪を待つ乗客の人が寒そうに立っていました

Title

『雪降る中の普通列車』

遠軽町在住

Description

雪が沢山降る夜の駅のホームを雪に隠れるように走り出しました!

Title

『一番列車』

北見市在住 清水明さん

Description

朝日と交代する月に見送られて、網走行きの一番列車。しばれた朝でした。端野にて。

 

Title

『朝日を浴びて』

遠軽町在住

Description

朝早く、旭川を出て日の出の時間に石北本線遠軽駅に到着の貨物列車。毎日たくさんのコンテナーを積んで走っています。

Title

『スイッチバックの駅』

遠軽町在住

Description

昭和7年建築の駅舎JR石北本線遠軽駅。米寿を迎えても元気な木造作りの全国でも珍しいスイッチバックで有名な駅。今日も石北本線を走る貨物列車を見送っていました。

Title

『生田原川を渡り』

遠軽町在住

Description

道央付近の豪雪により列車の運休が続いている石北本線ですが、力強く走って来た特急大雪の姿。ガンバレ!!

Title

『晴れた朝の貨物列車』

遠軽町在住

Description

何日か運休していた貨物列車が氷点下20度を超えた朝に迫って来る姿が青空と周りの雪の白さと列車の赤色とのコントラストが良く感激でした。貨物列車は力強く常紋峠に向かって走り去っていきました。

Title

『22.8℃の白煙』

湧別町在住 涌島正隆さん

Description

気動車は-15℃ほどで排気が白煙になりますが、玉ねぎ列車の機関車DF200は-20℃以下にならないと白煙になりません。しかも白煙を吐き続けるには-22℃以下にならなければなりません。白煙を吐き続けるのはひと冬に数回しかないので、冷え込んだ朝は遠軽駅構内が見える跨線橋に通って白煙を狙いました。この日は発車時の気温が-22.8℃まで下がり、白煙を吐いてくれました。

Title

『雪ダルマ現る』

湧別町在住 涌島正隆さん

Description

遠軽の神社通り跨線橋で玉ねぎ列車を待っていたところ、遠軽までの間にいくつもの吹き溜まりを突っ切ってきたのか、雪ダルマのようなDF200が現れました。運転席の窓まで雪が付いて視界が確保できたのでしょうか。

Title

『雪をはねながら』

湧別町在住 涌島正隆さん

Description

雪が降るなか、玉ねぎ列車が線路に積もった雪をはねながら、生野を通過していきました。

Title

『西留辺蘂の大カーブをいく』

湧別町在住 涌島正隆さん

Description

西留辺蘂の大カーブは、本務機と後補機が両方見え、玉ねぎ列車がプッシュプルだとよく分かります。

Title

『キハ401791』

遠軽町在住 上野壽男さん

Description

2月最終日天気に恵まれた石北本線に普通列車紫水号が生田原川を渡り終着駅の遠軽へと向かっていきました。

Title

『林の中から特急大雪2号』

遠軽町在住

Description

雪の降った朝、雪けむりをあげて石北本線丸瀬布の林の中を旭川市へと走って行った大雪2号

Title

『快適に走る特急オホーツク1号』

遠軽町在住

Description

朝早く札幌市を出て丸瀬布跨線橋下を傾きながら元気よくオホーツク1号は終着駅網走市へと走り去って行きました。

Title

『瀬戸瀬駅』

遠軽町在住

Description

石北本線瀬戸瀬駅にて特急大雪4号との交差の為に特急大雪1号は駅に停車していました。

Title

『西留辺蘂の大カーブをいく玉ねぎ列車』

湧別町在住 涌島正隆さん

Description

西留辺蘂の大カーブは、玉ねぎ列車がプッシュプルだとよく分かります。

Title

『たまねぎ列車』

遠軽町在住 土屋修さん

Title

『一両は寂しいね』

土屋修さん

Title

『早春の盆地を往く』

佐呂間町在住

Description

齢30を超える古い車両ながら、北見峠と常紋峠を越え大雪の山並みを背にラストスパートする姿に、どこか頼もしさを感じました。

©JR石北本線応援団 Sekihokou Honsen Supporters