石北本線沿線マップ

JR石北本線は、新旭川駅から網走駅まで、総延長234kmの長大な路線です。 地域の通勤・通学・買い物などの生活の足としてはもとより、札幌圏とこの地域を結ぶ幹線交通として多くのビジネスや観光客の足となっております。

① 北見駅

オホーツク管内唯一「キヨスク」がある北見駅。

北見の銘菓「赤いサイロ」など人気のお土産品や鉄道グッズも購入できます。また、駅周辺には宿泊施設や飲食店が多く、2018年に移転オープンした北見バスターミナルが隣接しているなど、利便性の高い駅です。

② 網走駅

石北本線と釧網本線の発着駅となる網走駅。

周辺には「博物館網走監獄」「オホーツク流氷館」など見どころが多く、観光客でにぎわう観光駅でもあります。毎年2月には釧網本線の斜里駅までの間を結ぶ「流氷物語号」が運行され、国内外から多くの観光客が集まります。

③ 女満別駅

網走国定公園に隣接し、網走湖女満別湖畔を臨む女満別駅。

駅舎は湖のほとりに立つ北欧風のメルヘンチックなデザインが特徴的です。図書館が併設されているほか、駅構内にはカフェもあり、様々な機能をもつ施設として地域住民や観光客に親しまれています。

④ 美幌駅

1953年公開の映画「君の名は」の舞台となった美幌駅。

駅舎には観光案内所のほか美幌町の特産品や工芸品を販売する物産館「ぽっぽ屋」、木育ひろば「美幌林業館 きてらす」が併設されており、駅としての役割にとどまらず、町の賑わい拠点として愛されています。

⑤ 遠軽駅

平成27年に開業100周年を迎えた遠軽駅。

道内で唯一線路がスイッチバック(折り返し)式となっており、停車後は進行方向が前後入れ替わるため、乗客が180度回転させる珍しい光景が特徴的です。その姿をカメラに収めようと鉄道ファンも多く訪れます。
©JR石北本線応援団 Sekihokou Honsen Supporters